ランドセル選びの基本とは?

これから6年間使うことになるランドセル、
選ぶ基本といえば、やっぱり実際に背負ってみることだと
言えますですね。


メーカーやモデルによってランドセルは素材、肩ベルトの
間隔・幅、本体の厚みなどもそれぞれ違います。

最近のランドセルは、肩ベルトの付け根が可動式に
なっていたりして成長に合わせて調節できる機能が豊富ですが、
これはからだが大きくなっても使えるためのものです。


しかし、ランドセル以上にお子さんの体型もひとりひとり
違いますから、場合によっては相性が合わないこともあります。

体格のよく似たお兄ちゃん、お姉ちゃんのママパパに
どこのランドセルなのか訊いてみるのもいい方法です。

各メーカー、肩ベルトの幅が細めのものや、クッション素材を
使ったものなど色々揃っていますから、いろいろ背負って
比較して選ぶのが失敗しない一番のコツですね。



あとは、やはり縫製がしっかりしているものを選びたいですね。

縫い合わせやステッチの部分が太い糸できちんと縫製
されているものがいいでしょう。


また、ランドセル本体以外にも、メーカーごとで意外と違うのが
付属品です。

時間割表やランドセルの表面を覆う黄色いカバーなどは
比較的付属している場合が多いのですが、意外に便利なのが
「笛入れケース」
などです。

低学年ではたて笛は使わないのであまり気になりませんが、
中学年になるとこれが結構重宝します。

逆に防犯ブザーなどは、学校で貸与する場合もあります。

傷害保険がついているランドセルなどもありますが、
これも学校で保険加入する場合もあります。

重複しないように事前に調べておく方がいいですね。


他におすすめなのは、「6年間保障付き」ランドセルです。

これはランドセルが壊れたりした場合、無料で修理してくれる
というサービスで、メーカーによっては代替ランドセルを
貸してくれる場合もあるようです。