ランドセルの最近の傾向とは?

最近のランドセルの傾向として、やはり
お子さんの身体にやさしい構造のものが多くなって
います。

肩ベルトが左右に可動したり、クッション性が高く
身体にぴったりフィットするための機能が重視されています。

特によく見かけるのが、肩ベルトの付け根が跳ね上がっている
タイプのランドセルですね。

あとは本体の軽さを重視している商品が増えたことも特徴です。


そして、やはり個性的なランドセルも増えてきていますね。

一番気付くのはやはり色の豊富さ。
メーカーによっては20色以上展開しているところもあります。

ランドセル本体の形も、一般的なもの以外に色々なタイプが
登場しています。

ハーフタイプ」と呼ばれる、表面のカバーが真ん中までで、
留め具が背中の中央についているものや、「ワイドタイプ」という
横長の形のものなどが代表的です。

ファッション・スポーツブランドのランドセルなども
独自のデザインでここ毎年人気があり、購入するには早い時期から
予約が必要なものまで出てきています。



そうなると、どうしても価格帯も幅広くなってくるものです。

安い物で\10,000前後のものから、ブランド品となると
\50,000〜\70,000のものもあります。

一般的な価格帯としては、\30,000〜\40,000台のものが
数多く、一番よく選ばれているようです。


また、ランドセルに防犯ブザーの携帯をすすめる学校が
増えていることなどから、防犯面に配慮したランドセルが多く
出ています。

たとえば、ベルトの前面に防犯ブザーを装着できる金具が
付いていて、これなら子供さんが背負った時、ちょうど脇の前
あたりに防犯ブザーをつけられるので手が届きやすい、
などの工夫がなされているものもあります。


学校の雰囲気や環境、個人の嗜好にあわせて様々な
ランドセルが選べるようになっていますね。