ランドセルの素材いろいろ

ランドセルの素材には色々な種類があります。
素材の種類によって、見た目や耐久性などの特徴や
価格にも違いがあります。


長らくランドセルの素材として代表的なものが
クラリーノ」を代表とする合成皮革です。

耐久性と軽さに優れ、汚れも落としやすく価格も手頃な
ことから主流となっています。

また、最近の傾向である色の豊富さにも対応できるという
特徴もあります。



一方、牛革素材は、高級ランドセル素材として昔から
よく知られています。

馴染みやすい、風合いの良さなどが根強い人気の理由です。

以前は牛革は水に弱いイメージがありましたが、最近は
撥水加工をするなどして機能性も高まってきています。


そして、高級で丈夫な素材として知られているのが
馬革素材の「コードバン」と言われるものです。

強度が非常に強く、傷がつきにくいことで、ランドセル
以外の革製品にも使われています。

ただし、馬1頭からランドセル1〜2個分ほどの面積しか
取れないため、ランドセルの素材としてはとても
高級なものです。


価格帯としては クラリーノ→牛革→コードバンの順に
高価になっていきます。

そしてどの素材でも、つや有りとつや消しの質感が選べる
ようになっています。つや消しは傷などが目立たない、
つや有りはぴかぴか感がキープできるなど、ランドセルの好みに
よって、それぞれに人気の理由があります。


また、ランドセルの部分によって使用する素材を変えることも
あります。

つまり、背中など馴染みやすさが必要な部分は牛革、
ベルトの裏など水に対する強さが必要な箇所には人工皮革、
というように素材の特徴を活かして使い分けて作られる
こだわりのランドセルも多いです。


素材に関してちょっとした知識を身に付けておくと、
売り場のランドセルの説明もよく理解できると思います。