スタンダードなランドセル・一般型

ランドセルにいろいろな形が登場してきたとはいえ、
主流なのはやはり、全かぶせタイプの一般型ですね。

今でも小学校で、9割がたのこどもはこのタイプだと
言ってよいと思います。


なんといってもメリットは、背面全部をカバーしていて
2重になっているので、形くずれなどに強く、丈夫です。

雨の日にも、ランドセルの中に水が入りにくいのも特徴です。


ですから、

家に着いたらランドセル放り投げて、すぐ遊びに行ってしまう

のような、こどもにありがちな荒っぽい扱いにもじゅうぶん
耐えられます。


そして、一番多いタイプだということで、商品のバリエーションも
豊富です。いろんな色や機能で選ぶことができますし、価格帯も
リーズナブルなものから高級品まで揃っています。

一番比較対象が多いので、ランドセル選びの検討がしやすいですね。



最近の全かぶせタイプのランドセルでは、かぶせを外した内側の
デザインにとても凝っているものが多く出ています。


たとえば、教科書を収納する部分の内側からかぶせの裏側にかけて
柄が入っていたりしますね。

チェック柄は基本ですが、水玉模様、ハート模様など、しかも
ランドセル本体の色に合わせた色調でデザインされているのは使っていて
楽しいですね。

また、ファスナー付ポケットの部分の表面の名前窓にもいろいろな
形のものが登場しています。

普通、名前窓は四角いのが常識ですが、楕円、ハート型、星型や
キャラクターの形のものまであり、見た目のインパクトが大きいので
面白いですね。


このあたりの内装デザインに関しては、特に女の子にとっては
選ぶ基準になることも多い
です。

外側の色が同じランドセルがいくつか選ぶ候補に挙がっている場合、
開けたときのデザインのかわいさを決め手にする子もよくいますよ。


逆に男の子はそのあたり、あんまり構わないみたいです。。。(笑)